花粉症で咳き込む男性

アレグラが花粉症に効く理由

花粉症は季節性のアレルギーで、春にはヒノキやスギ、秋にはブタクサなどの花粉が舞い始め、クシャミや鼻水といった諸症状が起こります。
この季節になると一般医薬品で販売されているアレグラがコマーシャルで流れるようになり、花粉症に悩む人達が大量に買い求めるようになります。

そもそも、何故アレグラが花粉症に効くのかについては、アレルギーのメカニズムを説明する必要があるでしょう。
花粉が鼻や喉などから体内に侵入すると、免疫系の細胞であるマクロファージが、異物であると判断して抗体を作るようになります。
本来はウイルスや細菌などに対して抗体を作るのですが、花粉のように害のない物質でも、何かしらの理由で有害であるとマクロファージが判断します。
作られた抗体は体内を循環する肥満細胞に結合し、次に侵入してきた異物に対し、攻撃を開始すると同時に内容物であるヒスタミンなどの化学伝達物質を放出します。
肥満細胞から遊離した伝達物質は、体内のあらゆる受容体に結合して刺激を受けることで、体が過敏に反応を示しますが、この症状をアレルギーと呼びます。

アレグラは抗ヒスタミン薬と呼ばれています。
アレルギーに伴うヒスタミンの受容体への結合を阻止して刺激を抑え、また肥満細胞から伝達物質が遊離する際の抑制作用を持ち合わせています。
これにより花粉症で起こるクシャミや鼻づまりなどの諸症状を抑制し、それに伴うかゆみを軽減させる効果を発揮します。

アレグラは抗ヒスタミン薬の中では弱い部類に入り、効果が弱い分だけ副作用も少ないとされる薬です。
その結果、一般医薬品として流通しており、この部類の薬の中では問題とされる眠気もほとんどありません。
代わりにアレグラでも、花粉症が抑えられないという人は、さらに強い薬を処方してもらう必要があります。
効果が強い分だけ副作用も強くなるということを忘れないようにしましょう。

アレルギー対策に用いられるアレグラは副作用である眠気が少ない抗アレルギー薬です。生後7か月の乳幼児にも使用できるドライシロップ製剤もあるので幅広い年齢層に支持され使用されています。市販薬との比較もして使いやすいほうを選びましょう。