アレグラって円形脱毛症にも効果があるの?

アレグラはアレルギー性疾患のための薬です。
アレルギー性鼻炎や皮膚のかゆみ、蕁麻疹などの症状が、アレグラの服用によって、ヒスタミンの作用を抑え、症状が改善されます。
アレグラは、同じ抗アレルギー薬に比べても、最も眠気が出ない薬だといわれています。
しかし、まれに、吐き気や頭痛などの副作用がでることは否めません。

アレグラには、円形脱毛症や抜け毛に効果が期待できることもあるともいわれており、皮膚科などで処方されることもあります。
しかし、どのような円形脱毛症や抜け毛にも効果が期待でるわけではなく、多発型や急性の円形脱毛症などには効果が出ないこともあるようです。
円形脱毛症や抜け毛は、ストレスや遺伝、免疫疾患、偏食などが原因とされています。
円形脱毛症の3割は遺伝とされていますが、ストレスによるものに関しては、ストレスを取り除くことで自然に治る場合も多いと言えます。
ストレスによる円形脱毛症は、年齢や性別に関係なく発症します。
免疫疾患の場合には、症状が長引くことで脱毛症状がひどくなる傾向もあるため、早期の治療が必要とされます。

また、インスタント食品やファストフードなどの摂取が多い場合は、野菜の栄養や亜鉛不足になりがちになるため、円形脱毛症や抜け毛になることもあります。
大切なことは、円形脱毛症や抜け毛が何に起因するのかを判断し、適切な治療をしてもらうことです。
原因と症状を判断したうえで、治療器を用いるのか、薬を服用するのか、漢方薬を服用するのか、免疫療法をするのか、塗り薬を使用するのかを判断されます。
アレグラが、すべての円形脱毛症に有効であるわけではありません。
自己判断せずに、脱毛などの専門医のいる病院で相談して、治療に取り組みましょう。

アレルギー対策に用いられるアレグラは副作用である眠気が少ない抗アレルギー薬です。生後7か月の乳幼児にも使用できるドライシロップ製剤もあるので幅広い年齢層に支持され使用されています。市販薬との比較もして使いやすいほうを選びましょう。