花粉症を治すならアレロックを使う

花粉症は花粉がアレルギーの原因物質となって引き起こされるアレルギー性疾患で、鼻炎、目のかゆみ、充血、かゆみなどの皮膚症状が現れます。その花粉症の治療薬としてよく抗ヒスタミン薬という種類の薬が使用されます。最近では花粉症にはアレロックも使われます。中でもアレロックは特に使用頻度の多い抗ヒスタミン薬です。
アレロックの使用頻度が多い理由はその即効性にあります。他の抗ヒスタミン薬と比較しても最も効果が強力で即効性に優れていると言えます。ただ、効果に優れる分、眠気等の副作用が起こりやすいです。眠気の副作用が気になる場合には車の運転など危険な作業には十分注意する必要があります。
アレロックは成人の場合錠剤タイプの薬を服用しますが、小児用の粉薬も存在します。また、唾液で溶けるため飲みやすくなっているOD錠というタイプの錠剤も存在するため子供でも問題なく服用できます。
また、花粉症以外のアレルギー性鼻炎に対してもアレロックは有効な薬です。例えば、ダニやカビなどが原因となってアレルギー性鼻炎が引き起こされることもありますが、アレロックはダニやカビなどが引き起こすアレルギー性鼻炎にも効果を示します。
さらに、アレロックは発疹や蕁麻疹などの皮膚症状も改善する効果があります。発疹や蕁麻疹も花粉症などのアレルギー性鼻炎と同様にヒスタミンという物質が発症に関連しているためです。
アレロックは抗ヒスタミン薬に分類される薬で、その名の通り、その作用機序は体内でヒスタミンという物質の働きの抑制です。
アレルギーの原因物質が体内に侵入してくると、免疫細胞の一種である肥満細胞がそれを感知し、細胞内に蓄えてあるヒスタミンを細胞の外に大量に放出していきます。そのヒスタミンが体に作用することで鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの鼻炎症状、充血、目のかゆみなどの結膜炎、蕁麻疹、湿疹などのアレルギー症状が引き起こされます。
そのヒスタミンの働きを抑制するのがアレロックの有効成分であるオロパタジンです。ではヒスタミンの働きをどのように抑制するのかというと、ヒスタミン受容体というヒスタミンの受け皿のようなものに結合することでヒスタミンの作用を抑制します。
ヒスタミンはヒスタミン受容体に結合することで初めて体に作用することができます。アレロックの有効成分オロパタジンはヒスタミン受容体に結合し、ヒスタミン受容体に蓋をしてしまいます。すると、ヒスタミンはヒスタミン受容体に結合することができなくなり、結果として体に作用することができなくなってしまうのです。このような作用機序でアレロックは花粉症などのアレルギー症状を改善するのです。

アレルギー対策に用いられるアレグラは副作用である眠気が少ない抗アレルギー薬です。生後7か月の乳幼児にも使用できるドライシロップ製剤もあるので幅広い年齢層に支持され使用されています。市販薬との比較もして使いやすいほうを選びましょう。