体がかゆい男性

食品や肌着などで出る痒みはアレグラで改善

現代は多くの人が何かしらのアレルギー疾患を持っていると言われています。
中でも春のスギ花粉、秋口のブタクサなどの花粉症は、日本の代表的なアレルギー疾患としてあまりにも有名です。
鼻水、くしゃみ、皮膚湿疹、かゆみ、咳、頭痛のほか高熱にうなされる人もいます。
また最近では季節の変わり目の温度差による寒暖差アレルギーなどを患う人も増えています。
鼻水が大量に喉に落ち、痰などがたくさん分泌され、重篤化すると咳喘息や気管支喘息に陥る患者さんも珍しくありません。
また昔から食品や肌着などでアレルギー反応を起こす人も増えています。
卵や蕎麦などはアレルギー物質の代表的なもので、知らずに食べて皮膚のかゆみ、じんましんなどが起こる人も多い傾向にあります。
また下着などは最近化学繊維が多用され、その繊維の刺激によって肌が腫れたり赤みを帯びてかゆみを増すケースが沢山報告されています。

こうした日常に潜むアレルギー疾患やかゆみなどにはアレグラという抗アレルギー薬が有効です。
アレグラは花粉症治療の対処療法に用いられる薬です。
かつては耳鼻科や内科の医師の処方箋がなければ手に入れることができませんでした。
しかし現代では薬局やドラッグストアで処方箋なしで低価格で手に入れることができるようになりました。
眠くなりにくく痒みの抑制に絶大な効果を発揮します。
またアレルギー反応によるくしゃみ、鼻水なども効果的に止めてくれます。

しかし長期の服用は胃腸に負担をかけ下痢などの原因になります。
そのため一週間ほど服用しても痒みやアレルギー症状が緩和しない場合は、医療機関で診察を受けることが大事です。
花粉症や季節の変わり目の前で症状が出ないうちからアレグラを飲んでおくのもアレルギー反応の抑制に効果的と言われています。

アレルギー対策に用いられるアレグラは副作用である眠気が少ない抗アレルギー薬です。生後7か月の乳幼児にも使用できるドライシロップ製剤もあるので幅広い年齢層に支持され使用されています。市販薬との比較もして使いやすいほうを選びましょう。